ジェネレーションギャップ!感じてるのは誰?

教育側からギャップを減らしていく

新入社員など若手の教育を行うときは、ジェネレーションギャップを感じる場面も多いはずです。相手の考え方が理解できないなど、教育側だけでなく社員も感じていると考えられます。世代や価値観の違いは、短い時間では簡単に埋められないものです。そのギャップを減らすためには、こちらから歩み寄っていく姿勢が求められます。社員が本音を言いやすいような、オープンな環境を作っていくことが大事です。教育側が理解できない意見だとしても、意欲的なアイデアとして積極的に受け入れていきます。若手社員の育成は、企業にとって長期的な課題となる重要なポイントです。育成が難しいと判断するのは、ギャップを埋めてからでも遅くはありません。

ギャップの存在を受け入れる

社員教育では貢献する気持ちや、小さな達成感を積み上げていくことも大切です。社員それぞれが仕事に対して、主体的に行動してもらうことが目標になります。お互いがギャップの存在を受け入れることで、信頼関係も早く築けるはずです。自社の事業がどういった形で社会に貢献しているのか、徹底的に伝えていく姿勢も大事でしょう。自主性が出てくれば、社員の意思で決断できる環境も整っていきます。失敗したときに責める必要はなく、原因と改善案を考えてあげれば大丈夫です。仕事に対する考え方は、達成感の積み重ねで自信へとつながっていきます。世代に対する固定観念は捨てて、誰がどんなギャップを感じているのかじっくり考えてみましょう。